「月がきれい」中学生の甘酸っぱい恋愛を描いたおすすめアニメ!誰もが経験があるような等身大の恋愛を描いた2017年アニメです!

YouTubeにて公式公開中の第1話をこの機会にご覧ください!

 

月がきれいの魅力となっている4つの特徴とは

 

月がきれいは、現代の中学生のリアルな恋愛を描いた人気青春アニメです。

アニメの視聴者層は子どもから大人までとても幅広いですが、

このおすすめアニメは10代の視聴者には共感、

そして20代以上の視聴者には学生時代の恋愛を懐かしく思い出させるような力があります。

 

そして、完全新作オリジナルアニメーションということもあり、

どんな結末をむかえるのか非常に注目を集めた作品です。

そこで、月がきれいの特徴について主に4つ紹介していきます。

 

監督の岸誠二さんとfeel.がタッグを組み川越の街並みを丁寧に描き出す

 

月がきれいの舞台は、埼玉県川越市です。川越は「小江戸川越」と呼ばれており、

気軽に行ける観光地として人気を集めています。

 

そんな川越には、小江戸川越と呼ばれるのにふさわしい古き良き街並み、そして豊かな自然が残っています。

月がきれいは、監督の岸誠二さんとfeel.が川越の風景を繊細かつ美麗に仕上げています。

 

 

岸誠二さんは「ペルソナ4」「暗殺教室」など人気作の監督をつとめているメジャーな監督です。

そんな岸誠二さんらしい細部までのこだわりが、月がきれいには詰まっています。

 

また、feel.も「この美術部には問題がある!」「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」など、

現代の学生を描く作品に定評があるアニメーション制作会社です。

 

これにより、月がきれいは見た人を圧倒するような独特の雰囲気がある青春アニメに仕上がりました。

恋愛アニメはストーリーの進み方やキャラの関係にばかりがどうしても注目されがちですが、

この作品はそれだけでなく川越の良さもみどころです。

 

恋愛の雰囲気を盛り上げるのに一役買っているのが岸誠二さんとfeel.の生み出した川越の美しい街並みで、

そこにも注目するとこの名作アニメをさらに楽しめます。

 

アフレコではなくプレスコで収録

 

 

普通はアニメーションに合わせて声優がセリフをアフレコで収録していきますが、

月がきれいはアフレコではありません。

 

先にセリフを収録するプレスコでの収録となっており、

そこが他のアニメと大きく違っている点です。

 

プレスコでの収録は、セリフに合わせて絵が作られていきます。

つまり、セリフのリアルな雰囲気をそのまま絵に反映させることができるため、

より細かいタッチの絵になりやすいです。

 

恋愛アニメは、キャラたちのちょっとした心の動きを絵に反映させないと説得力が出せません。

相手の言葉に対してどう反応したのかなど、恋愛アニメはそこに共感できるかどうかが大切です。

 

月がきれいはプレスコによる収録によりそんな細かい部分にまで手を行き届かせていますので、

多くの人が共感できるような描写を実現させています。

 

まだ若い有望株の若手声優を起用

 

月がきれいの主人公安曇小太郎役を演じたのは、千葉翔也さんです。

千葉翔也さんはまだ若い男性声優ですが、近頃その活躍が目立ってきています。

 

月がきれいの後には同じく岸誠二さんが監督をつとめた

「ようこそ実力至上主義の教室へ」でも主演を果たしており、今後の飛躍に期待を持てる若手声優です。

 

月がきれいでは安曇小太郎役で等身大の中学生を演じ切っていて、

そんな千葉翔也さんの演技も見逃せません。

 

また、ヒロインの水野茜役を演じた小原好美さんも、

千葉翔也さんと同じく若手有望株の女性声優です。

 

 

同じ2017年放送アニメの「魔法陣グルグル」ではククリ役に抜擢されていますし、

それ以外にも出演作品が多数あります。

 

水野茜役ではピュアな内面がうかがいしれるような演技を披露していて、

小太郎とのやさしい雰囲気を作り上げています。

 

月がきれいには千葉翔也さんと小原好美さん以外にも若い声優が多く出演していて、

その点も意識するとこのおすすめアニメをよりおもしろく見ることができるでしょう。

 

オープニング曲とエンディング曲の両方を東山奈央さんが担当

 

月がきれいは東山奈央さんが担任教師の園田涼子役として出演していますが、

それだけではなくオープニング曲とエンディング曲の両方のテーマ曲も担当しています。

 

東山奈央さんは2017年2月にアーティストデビューを果たし、

そのちょうど1年後である2018年2月にはデビューライブを日本武道館で成し遂げ、

とても華々しいアーティスト活動を行っています。

 

月がきれいのオープニング曲の「イマココ」は、これから恋愛アニメが始まるという高揚感と、

若さを感じさる疾走感があります。

 

また、エンディング曲の「月がきれい」は、恋愛における切なさが詰まったバラード曲です。

東山奈央さんの透き通るような歌声は思春期のピュアな恋愛を描き出しているこの作品にぴったりで、

月がきれいの魅力を深める大きな力となっています。

 

甘酸っぱい青春の思い出が蘇るおすすめアニメです!

 

月がきれいは、若い頃特有のまっすぐでピュアな恋愛感情をリアルに描き出している恋愛アニメです。

その雰囲気を作り上げているのは、監督の岸誠二さんをはじめとした

制作チームの作品に対する手を抜かないこだわりです。

 

とても細かいながらも手抜かりすることなく仕上げていますので、

そこがこのおすすめアニメの見どころになっています。

 

また、アニメーションだけではなく、若手有望株の声優たち、

そしてオープニング曲とエンディング曲を担当した東山奈央さんも、

月がきれいの完成度を高めるのに大きく貢献しています。

 

月がきれいはそんな制作チームの熱意がこめられている作品ですので、

一見の価値ありです。