「ジョジョの奇妙な冒険」特徴的な擬音が特徴の人気ジャンプアニメ!実写映画化も果たしたおすすめアニメです!

まずはジョジョ第4部のアニメPVをご覧ください!

 

ジョジョの奇妙な冒険とは?

 

「ジョジョの奇妙な冒険」(アニメ)は荒木飛呂彦原作のジョジョの奇妙な冒険を題材にTVアニメ化したものです。原作は第1部〜7部で構成されており、今のところ第4部までアニメ化されています。ジョジョの奇妙な冒険のアニメを手掛けているのはdavid productionです。このデイヴィッドプロダクションは他にも「妖狐X 僕SS」(2012)「ベン・トー」(2011)「レベルE」(2011)「戦う司書(2009~2010)「リストランテ・パラディーゾ」(2009)を製作しています。

 

名作アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第1部〜第4部のあらすじ

 

第1部

メキシコ全土を支配し、勇猛なる血の戦士の一族である太陽の民アステカが存在していました。アステカの民の一部の部族はある儀式を行っていました。それは美女を1人生贄に捧げ、石仮面に血を捧ぐというもの。石仮面に血が飛び散ると石仮面から数本の骨針が突出し被っている長の頭を貫くが族長は死なず強大な力を手に入れました。このような力を持った石仮面をめぐる物語がジョジョの奇妙な冒険の始まりです。イギリスが舞台です。主人公のジョナサンジョースターは正義感が強く真面目な英国紳士。一方ジョナサンのライヴァルとなるディオブランドーは表向きは人当たりも良く、文武両道だが、腹の底では人を見下したりしています。ディオの父親が遺言として、名門貴族のジョナサンの父に貸しがある、養子になれと残しました。そのため、ディオはジョナサンの家の養子になります。そこで、ディオはジョナサンが研究している石仮面を手に入れ、吸血鬼となります。その後、ディはその石仮面を利用し吸血鬼を生み出していきます。そんなディオの企みを阻止するため、ジョナサンは波紋を習得します。吸血鬼は太陽に弱いですが、波紋は太陽エネルギーに似たものを作り出せるため、吸血鬼を倒すのに有力な手段です。そして、ディオの悪とジョナサンの正義の戦いが始まります。

 

第2部

舞台はニューヨークに移ります。主人公はジョナサンの孫のジョセフジョースターです。ジョナサンとは違い、軽い性格で逃げ足が早いです。第2部の敵は「柱の男」という存在で、太古の眠りから目覚めてしまいます。ワムウ、エシディシ、カーズという3人の強大な敵は、究極の存在になるため、「エイジャの赤石」を求めます。その目標を妨げるベく、生まれつき波紋が使えたジョセフはさらに修行しこの3人の敵に立ち向かっていきます。

 

第3部

舞台は日本です。主人公の名前は空条承太郎。ジョセフの孫にあたります。承太郎は自分が悪霊に取り憑かれたと思い自ら監獄に閉じこもります。その悪霊こそが「スタンド」と言われる存在です。スタンドとは超能力のようなもので、承太郎が自分の頭を拳銃で撃っても人の腕のようなものがこの弾を止めてしまいます。これが、スタープラチナーと呼ばれるスタンドです。ある日、ジョセフの娘で空条承太郎の母親にスタンドが発生します。しかし承太郎の母親は体が「スタンド」に対応しきれなくて、自分の「スタンド」で死んでしまいそうになるんです。その命を救うためには、エジプトにいる悪の元凶をDIOを倒さなければなりません。そこで再び第1部のラスボスだったディオDIOが登場します。DIOは「肉の芽」というのを埋め込んで、思うがままに操るなどして、様々な「スタンド使い」を送り込んできます。そして、承太郎一行はDIOを倒すべく出発します。

 

第4部

舞台は日本の杜王町です。主人公は東方仗助。ジョセフジョースターの隠し子で、空条承太郎の年下の叔父にあたります。仗助のスタンドはクレイジー・ダイヤモンドと言い、物や怪我を治す能力です。ただし、自分の怪我は治せません。この杜王町では不穏な影があり、子供の行方不明者数が他の地域と比べ多いのです。その原因を調べていくうちに同じくスタンド使いに出会い、戦ったり仲間になったりしていきます。主人公と行動を共にする広瀬康一の成長にも必見です。

 

ジョジョのキャラに命を吹き込む人気声優を紹介!

 

アニメでは第1部と第2部が全部で29話で構成されています。
第1部主人公のジョナサン・ジョースターの声優は興津和幸さん。他にも「ID-0」のイド役、「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」の千早群像を演じています。第2部主人公ジョセフ・ジョースターの声優は杉田智和さん。「涼宮ハルヒの憂鬱」のキョン役、「銀魂」の坂田銀時役で有名です。第1部ジョナサン・ジョースターのライヴァルであり、第3部では強大な敵となるディオ・ブランドーの声優は子安武人さん。「銀魂」の高杉晋助役、「進撃の巨人」の獣の巨人役で有名です。

 

第3部ではアニメのタイトルが「ジョジョの奇妙な冒険〜スターダストクルセイダース」と漫画のタイトルにひとひねり加えています。全部で48話で構成されている長編アニメです。第3部主人公の空条承太郎の声優は小野大輔さん。「みなみけ」の保坂役、「おそ松さん」の松野十四松役を演じています。歌手としてCDも出しています。第2部主人公だったジョセフ・ジョースターの声優は石塚運昇さんです。「ポケットモンスター」のオーキド博士及びナレーション役、「血界戦線」のパトリック役でを演じています。そして、第3部での旅の仲間の1人モハメド・アヴドゥルの声優は三宅健太さんです。「暗殺教室」の鷹岡明の役、「ONE PIECE」のザンバイ役を演じています。旅の仲間の2人目
花京院典明の声優は平川大輔さん。ちなみに、この作品のセリフである「レロレロ」が『アニメ流行語大賞2014』にて金賞を受賞しました。仲間の3人目であるジャン・ピエール・ポルナレフの声優は
小松史法さん。「キングダム」の楚水役、「魔法少女対戦」の早見蒼太役を演じています。

 

第4部ではこれもひとひねり加えられたタイトルになっています。「ジョジョの奇妙な冒険〜ダイヤモンドは砕けない」全39話で構成されています。第4部の主人公東方仗助の声優は小野友樹さん。「黒子のバスケ」火神大我役、「遊戯王5D’s」の鬼柳京介役を演じています。主人公の友達の広瀬康一の声優は梶裕貴さん。「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役、「七つの大罪」のメリオダス役、人気作品のキャラクターを演じています。
東方仗助の友達の虹村億泰の声優は高木渉さん。「名探偵コナン」の小嶋元太、高木刑事役、「GTO」鬼塚英吉の役を演じています。アニメに登場する一癖ある漫画家、岸辺露伴の声優は櫻井孝宏さん。「おそ松さん」の松野おそ松役、「ダイヤのA」の御幸一也役を演じています。第3部では主人公だった空条承太郎の声優は引き続き小野大輔さん。第2部主人公だったジョセフ・ジョースターの声優は引き続き石塚運昇さん演じます。こうしてみると、一度は聞いたことのある人気声優さんが数多く出演していますので、声優ファンの方も必見ですね!

 

不朽の名作アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のおすすめポイント!

 

見ての通り、アニメの声優陣が非常に豪華です。有名な方が多数出演しています。また、予期せぬ展開が続々と続きシナリオに飽きません。また幾度となく主人公達は危機に陥りますが、視聴者が思いもよらぬ方法でそのピンチを切り抜きます。また、今の時代にしては珍しい肩幅が広く筋骨隆々のキャラクターに魅了されます。スタンドの能力に感嘆します。このような能力は私が一生考えつかなそうな独特のものから、このスタンドの能力の応用の仕方まで幅広く楽しめます。ぜひご覧になってください!