「重神機パンドーラ」アクエリオンやマクロスに携わった制作のオリジナルアニメ!機械と人間のあり方について考えさせられる2018年春アニメ!

まずはこの2018年おすすめ春アニメの公式PVをご覧ください!

 

既に開かれたパンドラの箱

 

「重神機パンドーラ」とは、原作を持たないオリジナルアニメです。
総監督・重神機デザインは、アクエリオンシリーズで監督を、マクロスシリーズ(超時空要塞マクロスのみ脚本・演出・メカニックデザイン)で総監督を務めた河森正治氏です。
監督は、創聖のアクエリオン・アクエリオンEVOLで絵コンテを務め、アクエリオンロゴスで監督・絵コンテを務めた佐藤英一氏です。
シリーズ構成は、ログ・ホライズンやマクロスΔでシリーズ構成や一部脚本を務めた根元歳三氏です。
キャラクター原案は、マクロスFでキャラクターデザイン・作画監督を務めた江端里沙氏です。
アニメーション制作はサテライトです(創聖のアクエリオンシリーズやマクロスF・マクロスΔなどの作品を制作した会社です。パチンコメーカーのSANKYOの非連結子会社です。)
タイトルの「重神機パンドーラ」は、パンドラの箱に由来します。総監督の河森正治氏は、技術革新が著しい現代が、既にパンドラの箱が開かれている状況だと語っています。技術革新の著しい中において人間に何が出来るだろう、というのがこのアニメのコンセプトだと語っています。

 

あらすじ

 

2031年、中国のネオ翔龍という所で起こった翔龍リアクター(次世代の再生可能クリーンエネルギーを目指して開発された多重次元リアクターです。枯渇する資源の代替として研究開発された次世代エネルギー装置です)暴走事故、名付けて「翔龍クライシス」が原因で、地球環境は大きく変わり、人類の脅威である「B.R.A.I」(人間以外の動物・植物・機械などの枠組みを超えて融合した生物です。虫サイズから高層ビル程度の大きさのものまで存在します。)が出現しました。それが原因で、人類は絶対防衛都市への避難を余儀なくされました。

その7年後、翔龍クライシスが発生した原因人物として町を追放されたレオン・ラウは、契約を交わして家族になったクロエ・ラウを守るため、MOEV(多くの企業によって開発が進められていた多目的可変ビーグルです。対B.R.A.I用兵器として普及しています)に乗り込みます。

 

人気声優演じるキャラクター

レオン・ラウ

 

声優は前野智昭さん(ログ・ホライズン「直継」役)です。
本作の主人公です。翔龍クライシスを引き起こした中心人物の一人です。事故の後はネオ翔龍を追放され、荒野でクロエと共に暮らしています。口数が少なく、もっさりとした性格です。B.R.A.Iに対抗するため研究を行っています。
搭乗するMOEVは、新システムを搭載した実験機です。

 

クロエ・ラウ

 

声優は東山奈央さん(マクロスΔ「レイナ・プラウラー」役)です。
レオンと家族契約を結び、レオンの妹になりました。頼りなくだらしない兄を支えています。明るく物怖じしない性格です。

 

クイニー・ヨウ

 

声優は花澤香菜さん(3月のライオン「川本ひなた」役)です。
バウンティハンター(日本では賞金稼ぎと呼ばれている職業です。本作では、B.R.A.I狩りを高額で請け負うフリーの傭兵の事を指します。)です。翔龍クライシス以前は空神拳の修行に励んでいました。翔龍クライシスの際に仲間を失い、仲間を守ることが出来なかった事にひどく傷ついていました。それ以降、B.R.A.I狩りをしながら復讐相手を探しています。
搭乗するMOEVは、ドローンをモチーフにした赤いカスタム機です。

 

ロボットアニメの新たな重鎮への期待

 

制作スタッフの多くが、アクエリオンシリーズやマクロスシリーズに携わった人達という所、アクエリオンシリーズやマクロスシリーズで監督を務めた河森正治氏の新しい監督作品というところで、アクエリオンシリーズ・マクロスシリーズに次ぐ第三のシリーズの誕生に大きな期待をします。
また、近年の世の中は「自動車の自動運転」や「全自動で料理を行うマシンの登場」など、AIをはじめとした技術革新が著しいですが、その中で「一つの生き物としての人間が、何が出来るか」という、現代の人間に重くのしかかるテーマを題材にしたストーリーにも注目です。

 

このアニメをお勧めしたい方

 

言うまでもなく、アクエリオンシリーズやマクロスシリーズが好きな方にはうってつけだと思います。そうでなくても、ロボットアニメが好きな方にもお勧めできます。
また、シリアスな雰囲気のアニメが好きな方・刺激的な展開を望む方にもお勧めできます。どちらの方も満足のいく内容になるでしょう。
近年の技術の進化に対して、よろしくなく思っている方はもちろん、関心の高い方もこのアニメをお勧めしたいです。技術進化の中で人間にどういった事が出来るのか、今一度考え直してみる事もよさそうです。

 

ロボットアニメが好きな方には「フルメタル・パニック! Invisible Victory」もおすすめ!

「フルメタル・パニック! Invisible Victory」大人気ロボットアニメの続編がついに登場!キャストやスタッフも当時のまま!

最後に

 

このアニメは、私はアクエリオンシリーズ・マクロスシリーズに次ぐ第三のシリーズとして大きな期待をしています。しかし、それ以上に思うことがあります。
このアニメのコンセプトは、先ほど書いた通り「技術革新著しい世の中で、人間は何が出来るのか」です。
近年の技術の著しい進化により、我々の生活は昔より豊かになりました。AIロボット「pepper」が登場してから久しいです。
そんな技術が大きく発展し続けているこの世の中だからこそ、このアニメを通して人間と機械の在り方について今一度考えてみるのもよさそうです。