「鹿楓堂よついろ日和」優しい雰囲気で美男子の多い、ハートフルグルメアニメ!ほのぼのとした雰囲気で楽しめる2018年おすすめ春アニメです!

まずはこの2018年おすすめ春アニメの公式PVをご覧ください!

 

「鹿楓堂よついろ日和」の概要

「鹿楓堂よついろ日和」とは、清水ユウ氏が作者の漫画を原作としたアニメ化作品です。
監督は「名探偵コナン」の547話・552話などを含めた9話で岩井伸之氏と共に作画監督を務めた神谷友美氏、シリーズ構成は「アスタロッテのおもちゃ!」にてシリーズ構成を務めた赤尾でこ氏、
アドバイザー・音響監督は「好きっていいなよ。」で監督・シリーズ構成などを務めた佐藤卓哉氏、
キャラクターデザインは安食圭氏、料理デザインは伊藤憲子氏、
美術監督は「黒執事」にて美術監督を務めた小倉宏昌氏、
アニメーション制作は「好きっていいなよ。」でアニメーション制作を担当したZEXCSです。
放送時期は2018年4月からです。

 

原作

先ほど書いた通り、作者は清水ユウ氏です。出版社は新潮社、掲載誌はゴーゴーパンチ、既刊7巻です。
冒頭で書いた通り、このマンガは料理・グルメのアニメです。当然、良い見た目の料理やスイーツが出てきます。しかし、料理ではなくキャラクターにスポットを当てた内容です。
このマンガは、和風喫茶「鹿楓堂」を舞台とした物語です。毎度、何かしらの悩みや不便を抱えた人が鹿楓堂に来て、喫茶店の店員4人がその悩み・不便を解決していく、という1話完結方式の内容です。

 

和喫茶のスイーツ・抹茶や良い見た目の料理もさることながら、和喫茶そのものの甘味で心地よい雰囲気、美形男子(俗に言うイケメン)キャラクター、悩みを解決していくというハートフルな内容など、魅力的な点が多いです。見ていて不快になる要素はほとんど皆無です。しかし、シリアスな内容の話もあります。
わかりやすい例えを上げるとしたら、性格の良い女子しか登場しない日常系マンガが多いことで知られる「まんがタイムきらら」系列の漫画の、「主要キャラクターが男版」です。

 

主要キャラクター

スイ

声優は諏訪部順一氏(バクマン「福田真太」役)です。
鹿楓堂の店主です。物腰の柔らかい、4人の中のリーダー然とした性格です。お茶担当です。

ぐれ

声優は小野大輔氏(おそ松さん「十四松」役)(ジョジョの奇妙な冒険「空条承太郎」役)です。
4人のムードメーカー的存在です。コーヒー担当で、ラテアートもします。しかし、そのクオリティは低いです。

椿

声優は山下大輝氏(弱虫ペダル「小野田坂道」役)です。
4人の中で最年少です。喜怒哀楽の表現が比較的強い、毒舌家です。お菓子担当で、お菓子が大好きです。

ときたか

声優は中村悠一氏(おそ松さん「カラ松」役)(おおきく振りかぶって「阿部隆也」役)
クールな性格ですが、表情豊かな一面もあります。陶芸と時代劇鑑賞が趣味です。料理担当です。近所と交流が深いです。

 

注目ポイント!

誰が見ても嫌な気持ちにならない、優しい雰囲気のアニメです。この手のアニメの場合、登場キャラクターは美形女子が中心になりますが、このマンガは男子が中心です。男子が中心の、優しい雰囲気のアニメは珍しいのではないでしょうか。
また、見た目の良いスイーツ・料理にも期待したいです。
優しい雰囲気、困った性格のキャラクターが登場しない、だがシリアス有り、しっかりした1話完結のストーリーがある、この様に欠点が見当たらない、しかしちゃんとした長所があるところにも期待です。

 

また、美味なスイーツ・素敵な喫茶店・ハートフルなストーリー・美男子と、とにかく入口の多いアニメです。このアニメの名前を一度は聞く事があるのではないでしょうか。
この手の内容のアニメは、ドラマになりやすいです。

 

このアニメをお勧めしたい方

優しい雰囲気が大好きな方にはうってつけだと思います。嫌な気分になりません。日常系マンガの要素がありますが、話に味があります。
喫茶店が好きな方にもお勧めできます。喫茶店を中心に繰り広げられるアニメですので、良い喫茶店の雰囲気を体験できます。
料理・グルメアニメが好きな方にもお勧めです。原作漫画でも見た目の良い料理が、アニメでどう進化するのか期待です。
また、暖かみのあるストーリーが好きな方にもお勧めです。悩みが解決していく様を見ていると、視聴者の気持ちも前向きになるのではないでしょうか。
美男子が好きな方にもお勧めできます。種類の違う4人の美男子も魅力です。

 

このアニメをお勧めできない方

数少ないお勧めできない方は、美形女子が登場するアニメ(俗に言う萌えアニメ)が好きな方です。満足できないかもしれません。
また、見た目の良い料理やスイーツが登場することから、ダイエット中の方や深夜の視聴は気を付けた方がよろしいです。

 

最後に

先ほど書いた通り、このアニメは「日常系アニメの、登場キャラクターが男版」です。このようなアニメは有りそうでなかったと思います。とても斬新で、且つ奇をてらったような内容でなく、安心して視聴ができる所がこのアニメの長所だと思います。
アニメとしての欠点のなさ・そしてハートフルなストーリーという特徴や長所がある所に、このアニメの流行が期待できます。また、このアニメは間口が多く、知る機会の多いアニメです。そこにも流行の期待が出来ます。
このアニメを、出来るだけ多くの方が視聴する事を切に願っております。