「アマガミ」甘酸っぱい恋模様を描いた人気アニメ!ヒロイン全員が可愛くてたまりません!!

人気ギャルゲーが原作!まずは公式動画をチェック!

 

女の子を口説く恋愛シミュレーションゲームとして有名なアマガミは、メディアミックスによって2回のアニメ化も行われました。
通常ならば主人公の視点で描くのですが、アマガミのアニメではヒロインに重点を置く手法を用いています。
ゲームの良さを残しつつも、アニメだからこそ可能なストーリーを展開させているので必見です。

携帯電話がない時代の高校生の恋愛模様

アマガミの主人公である男子高校生の橘純一は、クリスマスが近づいてきた時期に彼女を作ることを決意します。
まだ高校生が携帯電話を持っていない時代で、異性と直接会話をすることが主なコミュニケーションの手段です。
そのため、恋愛を成就させるまでのハードルがかなり高く、連絡できないことでのすれ違いも普通にあります。

携帯のメールアドレスなどのすぐ教えてもらえる連絡先やSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)から親しくなるのが、現代のセオリーです。
しかし、橘純一に与えられた選択肢は、自分が通学している輝日東(きびと)高校で会える範囲になります。
時間帯は登校してから下校するまでに限られており、対面して話すことでようやく親しくなれるのです。

細やかな心理描写ができるアニメでは、橘純一のクリスマスまでに彼女を作りたいという思いから始まります。
接点がない異性と話をするのが難しく、数少ないチャンスを大切にしていく様子は、スマートフォンが当たり前の現代からはイメージしにくい光景です。

意思を持って行動する魅力的なヒロインたち

恋愛ゲームで上位の人気があるアマガミでは、登場するヒロインたちは決して受け身ではありません。
あまり知らない相手には中立の立場で、嫌いな相手には冷たい態度を取り、逆に気になっている相手には優しくなるのです。
現実の女子高生のように、相手に応じて態度を変えるので、親しくなっていく過程を楽しめます。

アニメ版のアマガミでも、各ヒロインは自分の日常生活を大切にしています。
主人公の橘純一が近づいていく形になるので、知り合うキッカケがあり、そこから会話を重ねてお互いの距離を縮めていく流れです。
女の子からの反応がハッキリしているので、お人形さんではなく、自らの意思を持っているキャラクターであることが伝わってきます。

1期のテレビアニメはアマガミSSで、SSはShort Stories(ショートストーリーズ)の略という考え方が有力です。
恋愛に真摯に向き合うことで両想いになれるのがテーマだから、同時に複数のヒロインを攻略するのではなく、常に1人のヒロインだけを見ています。

オムニバス形式で全てのヒロインが主役

主人公の橘純一は、自分の周囲にいるヒロインに対してアプローチをします。
けれども、恋仲と言えるほど親しくなれるのは1人だけで、それ以外のヒロインとは知人か友人という関係になるのです。
同じ高校に通っているだけあって、全てのヒロインは近い距離で生活しており、例えば早朝にはモブキャラに交じって登校しています。

4話ぐらいで1人のヒロインのルートを描くオムニバス形式で、原作であるゲームの中から一部のエピソードを抜き出して再編集したスタイルです。
ゲームにおける橘純一の視点とは違い、第三者の視点で描かれているアニメ版では青春ドラマとして全ての状況が分かります。

ちょっとした仕草や表情の変化でキャラクターの心境が分かるので、ゲームをプレイしたことがない方でもアニメだけで一通りを理解できます。

各ヒロインは主人公との関係や性格が違うため、親しくなっていくプロセスも異なります。
クリスマスイヴのデートを達成するのが、主人公にとってのゴールです。

感動的な結末を迎えた1期の続編としてのエピソード

人気があるアマガミは、2期のアニメもテレビで放送されました。
アマガミSS+ plusと銘打たれた続編では、同じくオムニバス形式です。
ストーリーとしても1期のラストからそのまま続いていて、新たな関係となったヒロインとのスクールライフを2話ずつでじっくりと描写しています。

すでに人間関係ができあがっているので、1期に比べて注目するポイントが変わっており、相手と上手くいかない等の深い悩みです。
時間が経過していることから、高校生の本分である勉学では大学受験への備え、部活動では高学年になったことで部長などの役職を務めなければいけません。

恋愛だけではなく、自分の将来を見据えた高校生活を送っているのが、2期のアマガミSS+ plusの特徴です。
1期で丁寧に描かれてきた積み重ねがあるので、人物紹介といった説明的なプロセスは省かれ、冒頭から周囲との軋轢を解決する等の具体的なエピソードに突入します。

2人の間柄によって親しくなった後の関係が違うのは、とてもリアリティがあります。

原作のゲームを知っている方も楽しめる内容

独自の会話システムで恋愛を楽しめるゲームのアニメ化ですが、原作を知っている方も楽しめるストーリーです。

1期のアマガミSSではゲームの内容を別の視点から見られる上に、全ての展開を知っているからこそ驚く場面もあります。
アニメに向いているイベントをピックアップしているから、この時にはヒロインはこんな表情をしていたのかという別の楽しみが待っているのです。

ゲームではあまり触れられてなかった時期をクローズアップした2期のアマガミSS+ plusは、原作を熟知している方には感慨深いストーリーになります。
色々な未来があるアマガミにおいて、深い関係になってからの日々をルート単位で見られるのは貴重な機会です。

コロコロと表情を変えながら、躍動的に動くヒロインの姿は、アニメならではの表現です。
主人公の橘純一が普通に出てくるので全体の様子を見られるのも、多くの情報を知りたい原作ファンに嬉しい点として挙げられます。

アマガミのアニメは、初見から原作ファンまで楽しめる上質な作品です。
スマートフォンを持たない時代の高校生の恋愛は、簡単に本人に連絡ができる現代からは想像もつかないシビアさを内包しています。
相手に正しく自分の気持ちを伝える難しさを再確認させてくれるアマガミは、当時の年代の方には懐かしく、若い世代には新鮮な恋愛ストーリーです。