3月のライオン【第2シリーズ】 実写化もされた人気将棋アニメ、待望の2期!

 

まずは2期告知PVをご覧ください!

 

2016年10月から2017年3月にかけて放送された、アニメ「3月のライオン」。

原作はヤングアニマルで連載中の羽海野(うみの)チカさんが書いている人気漫画です。

 

また、実写映画版が「神木龍之介」さんの主演

2017年3月・4月と前後編で上映されました。

 

そんな大人気アニメが2017年10月より第2シリーズが放送されます。

そこで、あらすじや主な登場人物、第2シリーズへの期待などを紹介していきます。

 

高校生プロ棋士の戦いと成長を描くアニメ

 

 

主人公「桐山零(れい)」は、高校生でありながら

将棋のプロ棋士として生活しています。

幼い頃から医者である多忙な父との少ない時間を楽しむ為に、

将棋を指していました。

 

しかし、小学校の遠足に行っている間に交通事故により

父・母・妹の3人を失ってしまいます。

 

1人残された零は、父の友人である棋士の「幸田」に内弟子として引き取られ、

一緒に暮らし始めます。

 

しかし、幸田家の実子である「京子」と「歩」は、

どんどん将棋の実力をつける零に辛辣な態度を取るようになります。

 

そして、15歳にしてプロ棋士となった零は、

自分のせいでギスギスした幸田家を出て一人暮らしをする決断をします。

 

プロ棋士として生活すると共に、1年遅れで高校に進学した零は周りに馴染めず、

将棋の戦績も悪くなっていきます。

 

そんなある日、先輩棋士に無理やり付き合わされ、

酔い潰された零は介抱してくれた女性「川本あかり」と出会います。

 

あかりには、「ひなた」「もも」という妹がいて、3人で暮らしていました。

零は次第に、川本三姉妹と一緒に夕飯を食べたりと交流を持つようになります。

 

そして、川本三姉妹をはじめとした様々な人と出会い、

関わることで零は人間として成長していきます。

 

主な登場人物

 

「川本あかり」は、亡くなった母に変わり、

妹たちの面倒をみているしっかり者の川本家の長女。

 

祖父が経営する和菓子屋「三日月堂」の手伝いをする傍ら、

叔母が経営する銀座の店でホステスとして働いています。

 

痩せている動物が放っておけず、

拾ってきては太らせるといったちょっと変わった性質を持っています。

 

「川本ひなた」は、川本家の次女。

とても明るい性格で、表情がコロコロ変わる可愛い女の子です。

 

姉に劣らずしっかり者で、家や三日月堂の手伝い、妹の面倒を見ています。

 

姉の性質を理解していますが、

さすがに人を拾ってきたときは驚いたとのこと。

 

「川本もも」は、川本家の三女。

天真爛漫な少女で零を兄の様に慕っています。

 

「川本祖米二(そめじ)」は、三姉妹の祖父で三日月堂店主。

将棋ファンで零の事も知っていた様です。

 

「川本美咲」は、三姉妹の叔母であかりの働く、

銀座の店を経営しています。

 

この人が店をやっていなければ、

零とあかりが会うことは無かったので、ある意味で影の立役者です。

 

「二階堂晴信(はるのぶ)」は、幼い頃から零と対局していて、

自称「心友」で「ライバル」。

様々なところで零を助けていて、はたから見ても良きライバルです。

 

「島田開(かい)」は、二階堂の兄弟子であり、

二階堂は実際の兄の様に慕っています。

 

零の所属する研究会の主催で、

優しく包み込む父性の様なものを持っています。

零の将棋においての師匠の様な存在です。

 

「林田高志(たかし)」は、零の通う高校の教師で将棋ファン。

零の事も知っており、高校生活と共に零の私生活において何かと気にかけ、

相談に乗って助けてくれます。

 

ざっと主な登場人物を紹介しましたが、

この人たちとの出会いがなければ間違いなく零は、

棋士・私生活の両面においてダメになっていた事でしょう。

 

原作との違いは?

 

このアニメは非常に原作を大事にしている様で、

原作とアニメを同時に確認しながら観れば多少の違いはあるとは思いますが、

ストーリーの流れはほぼ原作の通りです。

ですので、原作ファンでも違和感無く楽しめます。

 

どんな人にオススメ?

 

まず原作ファンの方には見ていただきたいです。

先述の通り、ほぼ原作通りなので楽しめる事間違いありません。

 

キャストの声にも違和感は感じられません。

また、実写映画版から入った方にもオススメです。

神木龍之介さんのそっくりさに驚きます。

 

2期に期待したいところ

 

第1期は原作でいうと第1巻から第5巻に当たります。

このままの流れで作るのであれば、

第2期は第6巻から第10巻に当たるストーリーが描かれる事でしょう。

 

原作ファンの方であればこの後の展開もご存知の事と思いますが、

是非そのまま作ってもらいたいところです。

 

またオープニング・エンディングテーマも期待したいところです。

第1期では「BUMP OF CHICKEN」「YUKI」「米津玄師」といった豪華な面々でした。

 

さらに、「BUMP OF CHICKEN」の「ファイター」はコラボレーション作品として、

書き下ろされた楽曲に原作者が書いた絵によるPVも作られました。

 

ミュージシャンの中にも多くの原作ファンがいるようなので、期待は大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。